« 夏の収穫 | Main | 台風一過 »

代替わり

yamori.jpg

 この家が建って6年。土地柄なのか、建った年の夏から我が家にはヤモリが現れる。夜になると「チッチ」と心地よい声で鳴く。山の中だから耳に入るのは風音と虫の声だけ。時折聞こえるヤモリの鳴き声はアクセントを加え、夏の夜長の情趣を盛り上げてくれる。家守、あるいは守宮と書く。我が家の一員であり、守り神でもある。
 昨年、真昼にヤモリが突然現れた時にはびっくりした。我が家の木製フェンスをスルスルと走るその姿は、全身鮮やかな緑色。木星の斑点のような赤いブチもある。普段、見かけていたのは地味で薄い黄緑色。あまりに見事な変身ぶりとその美しい姿は、まさに守り神と思えた。
 調べて見たら、どうやらマダカスカルヒルヤモリという輸入動物らしい。どこからか逃げ出して、我が家のあたりに住み着いたのか。旅の途中だったのか。残念ながら、ウチの住人にはならなかったみたい。
 さて、我が家の彼は昨日現れ、深夜の読書中、壁を走り回っていた。色はやっぱり黄緑色で、昨年より少し小さいようだ。ひょっとして、代替わりしたのかな。

|

« 夏の収穫 | Main | 台風一過 »

Comments

石垣島のホテルや、波照間島の民宿ではうるさい位だったけど、確かにあの泣き声はなんか趣がある。でもさ、鎌倉の冬は、寒すぎるんじゃないんですか?

Posted by: 守屋 | August 26, 2004 03:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 代替わり:

« 夏の収穫 | Main | 台風一過 »