« ならたけ? | Main | 空と海のあいだ »

Indian Summer

feijoa.jpg

 雨の京都での仕事を終え、鎌倉に戻ってみれば小春日和。今週末はかなり寒いという予報だったけど、秋の風情を楽しむには良い塩梅かも。私は出張疲れで外に出る気にはなれなかったが、家人と坊やは相変わらず庭でいい雰囲気だ。
 「ママ、これいい匂いだねぇ」。坊やの声に目を向ければ、緑の実をスプーンでほじくって食べている。家人に何かと問えば、フェイジョアだという。庭に植えてから5年目くらい。ようやく木が落ち着いたのか、今年は初めての豊作だ。
 別名パイナップルグアバと呼ばれ、フィリピン辺りが原産地。バナナとリンゴとパイナップルを合わせたような香りと味で、まさにトロピカルフルーツなんだけど、果実が実るのは今月から1月くらいまで。とにかく季節外れな感覚が、最大の持ち味かな。まあ、冬が近づく前のこんな気分は、そう悪くない。
 我が家のトロピカル。もう幾日かこんな日和を楽しみたいね。

|

« ならたけ? | Main | 空と海のあいだ »

Comments

tagoです。リンクを張ってくれたのねぇ。いきなりアクセス数が増えていてびっくりしたのでした。ありがとう。
こちらのブログを見た方が見てくれたのでしょう。
写真が素敵、いい世界ですねぇ。山の生活って感じも。写真もうまいね。
私もリンク張らせてもらいますが、うちは今のところ自分で紹介した友人たちしかみてないかな。
来週会えるけど、またおうちにも行かせてくださいな。

Posted by: rururu | November 14, 2004 08:42 AM

フェイジョアって、川原泉さんの「美貌の果実」で名前を知って以来、どんなもんだろうと思っていたけど、漸く実物を見ました。漫画の舞台は鹿児島だったけど、鎌倉でも育つんですね。

Posted by: 守屋 | November 14, 2004 04:09 PM

フェイジョアは意外に寒冷な土地でも育ちます。枝ぶりがなかなか良いので、庭木として結構人気があるようです。半径2キロ以内に別の一本があれば、受粉・結実すると植木屋が説明していました。

Posted by: wildlife | November 15, 2004 02:37 PM

こんばんは。
なるほど、2キロ以内ですね、メモメモ(笑)。
庭に植えてみようかな、なんて思ったりしますが、
あと5年もこの借家に住むのかなあ…。

Posted by: taku | November 03, 2006 12:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Indian Summer:

« ならたけ? | Main | 空と海のあいだ »