« 宿り木の下で | Main | おめでとう!! »

雪の行方

fuji

 一粒一粒が羽毛のようで、積もると思った昨日の雪は、いつのまにか雨に。そして今朝は一面の青空が広がる。「ユキダルマさん作ろう」と楽しみにしていた坊やは少しつまらなそうだが、寒がりの親父は一安心。
 数年前の大雪で、JR東海道線の車内に数時間閉じ込められたことがある。深夜の多摩川鉄橋上。車内には座れない客があふれ、トイレに困る人も。そのうち一人の女性が恐怖からか異様な泣き声をあげはじめた。それ以来、雪が降ると何となく不安な気分がつきまとう。
 ところが、休日のリビングから眺める雪は、家族の居場所と世界を遠く隔てる白いカーテンのよう。ふんわり家を包むように、白い世界にぽっかりした光と温かさが宿る。家人は「もう今日は買い物なし」と、雪ごもりを宣言。坊やは庭のサッシの前に寝ころんで、じっと雪を眺めていた。
 「雪はどこへ行っちゃったのかな」。今朝、坊やに問われた時、眼前の青空には、すっかり雪に覆われたこの冬一番の富士山が映えていた。

|

« 宿り木の下で | Main | おめでとう!! »

Comments

波乱に富んだ一年の最後に、こんな美しい富士山を見せてくれて、ありがとう。和みました。

Posted by: 守屋 | December 31, 2004 at 06:48 AM

我が家では富士山がきれいな日には、拍手(かしわで)を打ってお参りします。守屋くんも、ウチのブログに初詣します?

Posted by: wildlife | January 02, 2005 at 02:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39281/2415393

Listed below are links to weblogs that reference 雪の行方:

« 宿り木の下で | Main | おめでとう!! »