« 聖夜の準備 | Main | 焚き火パン »

煙が目にしみる

PC160223

 本日は出勤前にベーコンとハム作り。僕の早起きはいつも食べ物がらみだね。
 焚き火用ストーブを庭に出して、卓上コンロを中に設置。アルミ皿に桜のチップと月桂樹をたっぷり入れて火をつける。そして1週間前から塩漬けにしたベーコン用三枚肉と、ハム用に丸めて布にくるんだ豚の肩ロースを煙突の中にぶら下げたら、あとは煙の出具合を眺めているだけ。2時間ほどできれいなベーコンの完成。ハムは布にくるんだまま70度のお湯に2時間つけた後、冷ませば出来上がりだ。
 ボイルは家人にまかせて出勤したが、煙の香りが体に沁みついていたおかげで、仕事に集中できないのには参った。
 帰宅後、ようやく口にしてみればうま~い!! ベーコンはほどよいスモーク香で塩加減もばっちり。ジャガイモと一緒に炒めればビールのつまみに最高でしょう。ハムも自然な肉のうまみが口内いっぱいに広がる。薬くささを感じる市販品とは別物ですな。
 実は数年前同じものを作ったのだけど、煙臭さで目がしみるほどの代物になってしまった。今回は弱火で慎重に煙を調整したのが良かったみたい。失敗を超えて得たころあいの良いスモーク香。心にしみますね。
 
 

|

« 聖夜の準備 | Main | 焚き火パン »

Comments

自家製ベーコンの話、昔々「美味んぼ」で読んで以来。レストラン、開けそうじゃないですか。

Posted by: 守屋 | December 17, 2004 at 04:54 AM

wildlifeさん おじゃまいたします

元から住みついている人たち以上に
よく鎌倉のことをご覧になっているようですし
ちゃんとそれが生活に生かされてるんですね
素敵な暮らしぶりです
このベーコンもハムもお写真からして味わいがあります
…美味しさが伝わってきますよ~(笑)


この度は本当にありがとうございました
このような素敵なブログ 
皆さんにご紹介したいのでリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?

Posted by: みよ | December 17, 2004 at 09:42 PM

 みよさん、こんばんわ。コメントありがとうございます。湘南Blog界の大御所にリンクしていただけるなんて光栄です。
 住み始めて10年になりますが、鎌倉はいまだに日々新鮮です。特に子どもが生まれてからは、自分も小さい頃に経験したかったと思う山遊び、海遊び、生き物との出会いを知り、この土地に住まう幸福を心から実感するようになりました。まだまだ、鎌倉を知りたいと思っています。
 みよさん情報、大いに助かってます。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 

Posted by: wildlife | December 18, 2004 at 12:53 AM

守屋くん、自家製ベーコンは湿気の多い日本ではちょいと日持ちが悪いので、数日したら冷凍庫行きになります。本来はロンドンあたりで作るのが一番なんですよ。
そうそう、北海のスモークサーモン、正月に食べたいな~。

Posted by: wildlife | December 18, 2004 at 01:02 AM

北海のスモークサーモンより、スコットランドでしょう。僕に原稿の依頼を回していただけたらいくらでも。
 お正月はバレエ三昧です。たこの収穫の話し、新年を前に聞きたいものです。

Posted by: 守屋 | December 18, 2004 at 08:15 AM

リンクの快いご承諾&リンクを
ありがとうございます

鎌倉は海遊び・山遊びと遊びに苦労しません
それも wildlifeさんのようにお子さんと一緒に楽しむ事が一番ですね


大御所だなんて そんな!まだまだですよ!

Posted by: みよ | December 20, 2004 at 10:47 AM

なに食べた??のkazです。
店名書き込み有難うございました。

記事見ていたらこのベーコンに心を射ぬかれました。
美味しそう!!

Posted by: kaz | June 18, 2005 at 10:42 AM

Kazさま いらっしゃいませ。
はは、プロにそんなにほめられると、
調子にのってしまいそう。
また、冬場に楽しもうと思っています。
実は以前、骨付きの鶏もも肉でも挑戦したのですが、
火の通し具合と燻製時間の調整、どちらもうまくいかなくて…。
何かコツってあるのでしょうか。

Posted by: wildlife | June 19, 2005 at 03:31 PM

こつですか・・・
うーん、前に鶏ハムを作ったときは燻製していないので・・・
でも個人的にはモモ肉よりも胸肉の方がハムに向いている印象を受けました。
でもいちばん美味しかったのは首肉でした。

Posted by: kaz | June 19, 2005 at 11:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39281/2288175

Listed below are links to weblogs that reference 煙が目にしみる:

« 聖夜の準備 | Main | 焚き火パン »