« クレヨン立て | Main | 手の薫り »

雪のミモザ

yukimimoza

 午後になると雪がちらりほらり。空気は凍ったように白い印象で、庭の芝や木々もかじかんで見える。今年の冬は長くなりそう。きょうは雪ごもりと決め家に戻ると、家人が外を指さしている。指の先にはミモザの木。えっ、咲いている?
 燃え上がるような黄色に染まるミモザの開花は、例年なら3月。かなり早かった昨年でも2月の中旬だった。わずか3房のあわてんぼう。綿毛のように弾けた花は、そばで見ると凍った世界でも凛として、「春が来るよ」と伝えに来たよう。
 我が家のシンボルツリー。家を建てた時、庭木にまわせる資金はほとんどなくて、家人が1本だけ選んだのがミモザだった。太さ3センチ、高さも2メートルほどの木が、あっという間に高さ数メートルの大樹に。この間に坊やが生まれ、庭も少しずつ木々の緑に包まれた。咲きっぷりも見事で、満開のころには通りすがりの人が立ち止まっていく。
 我が家の暮らしをずっと見てきた彼女が何を告げているのか。あわてんぼう以外は当分開花する雰囲気もないけれど、少し楽しみな春。もうすぐやってくるらしい。
 
 
 

|

« クレヨン立て | Main | 手の薫り »

Comments

ミモザの花、初めて見ました。何とはなしに、白い花を想像していたので、ちょっと驚き。ところで、シンボルツリーの全景を見たいのですが。

 先週、キューガーデンで、水仙が開花したそう。こちらも春は早そうです。

Posted by: 守屋 | January 24, 2005 at 07:02 AM

わ、ミモザが庭のシンボルツリーなんて、素敵ですね。私は一本だけをみて、「細くて、大木だ」とか書いちゃいましたけど、やっぱり大きくなるのですね。それにしても、花もステキだぁ~。
鎌倉は山も海も歴史もあるから写真を撮るのに、いいですね。

今、livedoorのほうで問題があるみたいで、あっちにご返事が書き込めないのですが、書き込めるようになったら、アップしておきますね。

wildlifeさんもピアノをお弾きになるのですね。
よかったら、リンクさせてもらってもいいですか?

Posted by: c_moon | January 24, 2005 at 02:46 PM

守屋くん
ミモザサラダに白身は入ってないと思いますが?
全景は満開になってから。
ロンドンも、やっぱり春の庭が楽しみですね。

c.moonさま
いらっしゃいませ。
ミモザは本当にぐんぐん大きくなります。毎年剪定がちと大変。
桜より早く、梅より華やかに、春の到来を教えてくれるのがうれしいですね。
ピアノは家人の得意技。
リンクありがとうございます。こちらからもリンクさせていただきますね。


Posted by: wildlife | January 25, 2005 at 02:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39281/2667964

Listed below are links to weblogs that reference 雪のミモザ:

« クレヨン立て | Main | 手の薫り »