« 雪のミモザ | Main | 水辺の春 »

手の薫り

hanngaa

 すっかり工作にはまっている家人。最近の作品は流木のハンガー。秋谷の浜を散歩して拾った流木に針金細工を加えれば、こんな感じ。収穫が少ない冬場は手作りが楽しい。私の出番はもっぱら食べ物だけど。
 今日は坊やの親仲間と谷戸遊び。うどんの手打ちがメーン企画だったが、食材を見てちょっとびっくり。小麦粉が灰色と茶色が混じった色合いで、市販品とはまるでちがう風合い。谷戸で収穫した麦を、自分たちで脱穀・製粉したと聞いていたが、こんなになっちゃうの?
 打ち始めて、またびっくり。市販の粉は、あっという間に塩水を吸い込み、きめの細かい生地になるのに、こやつは水を吸わず、かなりてごわい。家人や他のメンバーは途中でお手上げ。結局、蕎麦打ち経験のある私の出番で、50、60人分のほとんどを1人で打つ羽目に。手が笑うほど手打ちを楽しんだ報酬は明日の腰痛と筋肉痛か。
 出来上がったうどんの味は、まるで蕎麦のよう。しょうゆをかけるだけで良いつまみという感じ。冬だから温かい出し汁をかけたいところだけど、小麦の種まきからうどん切りまで、多くの人がかかわった手の薫りを楽しむには、このほうが良いかもね。夢中さゆえの撮影忘れはご愛敬。
 
 
 
 

|

« 雪のミモザ | Main | 水辺の春 »

Comments

タイトル見て、写真見て、いつものとおりの早合点で、「凄い、こんな市販されているような素晴らしい服を創るんだ」、と感心しながら本文に。
 蕎麦より饂飩が好きなんで、鍋焼きが食べたくなりました。

Posted by: 守屋 | January 31, 2005 at 05:55 AM

はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいています。
直接このエントリとは関係ないですが、こちらのリンクで紹介されているマヤンハンモックを購入しました。
今日公園で試したところとても良い感じです。
良いものを紹介いただきありがとうございました。
また勝手ながらこちらのブログをリンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。

Posted by: しんや | February 06, 2005 at 10:12 PM

守屋くん
確かに鍋焼きうどんの方が良かったかも。うどん打ちで全身筋肉痛に陥った上、またまた風邪気味に。晴れていても、冬の谷戸は結構冷えるのですよ。

しんやさま
コメントありがとうございます。
マヤンハンモック気に入っていただけたようで、私もうれしいです。
ネタにはしていませんが、私はマヤンハンモック歴17年。以前はひどい腰痛持ちだったのですが、このハンモックのおかげで治ったみたいです。吊った方向に垂直に寝た時の広々感は、ほかのハンモックでは味わえませんし、何より柔らかい感触が良いでしょう。子どもたちの遊び場になり破れが目立ってきたので、今年ようやく2本目を買いました。長い間、楽しめますよ。
リンクありがとうございます。こちらからもよろしくおねがいいたします。

Posted by: wildlife | February 07, 2005 at 03:10 AM

風邪、長いですね。きっちり治さないと。無理されないように。

Posted by: 守屋 | February 08, 2005 at 03:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39281/2753124

Listed below are links to weblogs that reference 手の薫り:

« 雪のミモザ | Main | 水辺の春 »