« 水辺の春 | Main | 遅れミモザ »

復活の日

fukinotou

 鎌倉でも少し標高が高い所に住んでいるものだから、雪の感覚が他所とは違うみたい。昨日の朝、うちの辺りはすっかり銀世界。積雪は10センチ以上あったから、坊やも遊びの約束をさっさと断念した。憂鬱な気分で出勤すれば、山の下はみぞれ程度で、車もバンバン走っているから驚いてしまう。明日も雪らしいし、今年は本当にまいるね。
 だから、3週間ぶりの休みが晴れたのは幸運というべきか。早速、坊やと散歩に出かけると、春の気配はぐっと濃くなっている。満開の梅の花、工事現場の菜の花、時折見かけるミモザもずいぶん花がついてきた。そしてすっかり長けてしまったふきのとう。谷戸の土手にあんまりたくさん生えているので持ち帰って夕食の材料にする。
 長けているのが少し心配だったが、天ぷらの香ばしさとほろ苦さは文句なし。生のまま刻んで味噌汁の薬味にすれば、もう満開という感じ。
 ふきのとうは例年なら2月の楽しみ。だいぶ遅くなってしまったけど、きょうは啓蟄だから…。仕事ごもりを脱け出して、何とか春に間に合った。

|

« 水辺の春 | Main | 遅れミモザ »

Comments

鎌倉も上の方は結構積もったみたいですね。
横浜も場所によっては結構積もったそうですが、
我が家の周りは大したことはなかったです。

ふきのとう、先日と言っても二月の終わり頃に、天ぷらにして食しました。学生の頃は美味いと感じなかったんですが、このほろ苦さがだんだん病みつきになってしまってます。
ご近所で摘める場所があるなんて羨ましいですわ。

Posted by: こる。 | March 06, 2005 09:37 AM

久しぶり、どうされたかと思っていました。

 ご存知のとおり、ヨーロッパも大寒波襲来で、今週はロンドンでも積雪がありました。既に公園に咲いている水仙やクロッカスが寒そうだったけど、春も近い感じがします。

Posted by: 守屋 | March 06, 2005 05:05 PM

こる。さま
私も鎌倉に来てから、ふきのとうの味に目覚めました。身近に生えているのを初めて見つけた時は、本当にふきのとうかわからず、恐る恐るだったんですけど…(笑)

守屋さま
どうやら鎌倉は今冬最後の雪だったみたい。
もうコートを脱いで街を歩けます。
花粉症の皆さんは、つらそうです。

Posted by: wildlife | March 09, 2005 10:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 復活の日:

« 水辺の春 | Main | 遅れミモザ »