« 復活の日 | Main | 2匹のヘビ »

遅れミモザ

mimoza

 
 
 
 
 
 
 1月下旬に咲き始めたのに…。まだ、ミモザが満開にならないのが、今年の春の不思議さ。午前中は一面の青空で庭にハンモックを出して坊やと遊んでいたが、昼を過ぎると急に曇ってきて、そのうち吹きつけるような雪に。一体どうなっているのやら。
 ミモザは7分咲きで、枝の先にはまだつぼみが残っている。例年なら、そろそろ満開。雪のミモザも雰囲気があるが、青空の下の満開が一番似合う花だから、元気を出して欲しいね。
 久しぶりに鎌倉の小町通りに行ったら、路地に入ったところで、早咲きの桜が咲いていた。いつもの魚屋では、ホタルイカと鰆の半身を買うことができた。ホタルイカはもちろん酢味噌で。鰆は塩焼きにして、わさびを少しつけて口に入れれば、温かく柔らかい味わい。もう旬の味覚はそろっている。
 ひょっとして、山の下は雪が降らなかったのか?そんなことを話しながら、家人とさしつさされつの夜。

|

« 復活の日 | Main | 2匹のヘビ »

Comments

ミモザの写真、大変綺麗です。が、激しく反応してしまったのが、「鰆」。なんで同じ島国なのに、こう魚に取り組む態度が違うのか。もう何年、鰆を口にしていないことか。

Posted by: 守屋 | March 14, 2005 at 04:19 AM

ん?
雪のミモザの写真と前後が逆かと思ってしまいました。
鎌倉の桜は段葛の雪ノ下教会の辺りで咲いていたのを見ています。

うちでは真冬に百合が咲きました。

今年は何かおかしな気候ですね。


Posted by: シェフコミ管理人 | March 14, 2005 at 09:17 PM

守屋さま
鰆って大西洋でも捕れるのかな。
ぼくが鰆を楽しむようになったのは、大阪暮らしをしていたころ。新鮮なものは刺身の表面を炙ったたたきで味わうのが最高。肉の甘みとほろりと崩れる柔らかさがたまらない。岡山あたりでは春の祝いに欠かせない食材と聞きます。
アシが早いので関東では西京漬けしか食べられないと思っていましたが、鎌倉では年中、魚屋で売っており驚いた。これからの時期が、やっぱり最高です。

シェフコミ管理人さま
初めまして。コメントありがとうございます。
実はメルマガで私どものブログをご紹介いただいたので、一度ご挨拶をしなくてはと思っていました。ご来訪いただき感激です。
ミモザは少々残念に思っています。例年は一気に開花していくので、黄色が輝くような感じになるのですが、今年は早々咲いた花は既に茶色に変わりはて、少し無残な印象。こんなことは初めてですから、今年の春は本当に妙な気候です。
メルマガでご紹介いただいた直後から、雑事が重なりブログの更新が遅れがちになりました。期待にこたえられず、全く申し訳ない限りです。
もっと気合をいれようと、たった今、家人と誓いを交わしました(笑)。今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: wildlife | March 16, 2005 at 12:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39281/3289494

Listed below are links to weblogs that reference 遅れミモザ:

« 復活の日 | Main | 2匹のヘビ »