« 遅れミモザ | Main | 野いちご »

2匹のヘビ

turu
 
 
 
 
 
 
 家人が見つけた谷戸の気になる木。いや、実は藤の蔓。2本の蔓が絡まりあって、互いに締め付けながら、天に向かってすっと伸びている。その締め付ける力の強さで大木をも枯らす藤だから、今後どうなっていくのやら。
 相討ちで双方枯れてしまうのか、どちらかが生き残るのか、それとも一体化していくのか…。
 2匹のヘビが互いを尻尾から食べていったらどうなる? こんななぞなぞがあったっけ。答えはいろいろあって楽しい。例えば、互いの消化器官まで食べたところで、それ以上食べ進むことができなくなるとか、ヘビの尻尾から食べていくと、うろこがのどに刺さって食べられないなどの真面目な解答のほか、ヘビは姿を消し、突然ウンコが現れるなどのジョークも。数学的にはヘビの口のサイズを半径とするドーナッツになるという。これはちょっと想像が難しい。
 さて、この藤は一体どうなっていくのでしょう。おもしろ解答募集します。

|

« 遅れミモザ | Main | 野いちご »

Comments

お宅の新しいブランコになる?!谷戸の樹木を切ってはけないんだろうな、と思っていますが。

 かつて、推理小説のタイトルで見つけた「ウロボロスの蛇」は、この食い合う蛇のことなのかな。

Posted by: 守屋 | March 19, 2005 07:51 AM

守屋さま

はは、正解!!と言いたいところですが、ちょっとちがいました。谷戸の木は切ってはいけません。
だから、正解は「締め付けあって枯れる。その後、我が家のカーテンレールになる」でした。
本当に枯れるかどうかは、わかりませんが…(笑)

Posted by: wildlife | March 21, 2005 08:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2匹のヘビ:

« 遅れミモザ | Main | 野いちご »