« 2匹のヘビ | Main | ブランコ2005 »

野いちご

noichigo

 芽吹きの山は美しい。冬枯れの木々の枝先からにじむ芽の薄緑が、山全体をもやのように包み込む。足を踏み入れると、コブシのつぼみは今にも花を咲かせそう。山道の端に群生するタチツボスミレも、青さを増しているようだ。
 こんな時期はカメラを持っていると、足が進まない。坊やはすっかり親のことを忘れて、仲間と遊びまわっている。倒れた木の一本橋を渡ったり、小さな木に登ったり…。被写体が増えたこちらは撮影にさらに熱が入り、山歩きはいつまでも終わらない。
 帰りの山道で見つけた、野いちごの花。暗い葉の色に引き立てられた清楚な白が、土手から顔をのぞかせていた。地味だけど、この時期のお気に入り。ベリーマニアの坊やも、この花はよく知っている。「まだ、実はないねえ」なんていいながら、仲間と葉の裏をめくっている。君は食べる頃合いの色をよく知っているものね。5月くらいのお楽しみ。

  
 
 

|

« 2匹のヘビ | Main | ブランコ2005 »

Comments

息子さんの将来は、21世紀の南方か、牧野(確か植物学者で有名な方がいましたよね)かな、なんて。野いちご、美味しそう。

Posted by: 守屋 | March 22, 2005 at 05:48 AM

守屋さま
食べられる植物は、どんな動物でも覚えますから…(笑)。
でも、美味しい実のなる植物は、たいてい花も美しいですね。たまに毒だったりしますけど。
英国のベリー園も、そろそろ花が咲き出すころですか?
ぜひ一度、ベリー食べ放題を体験してみたいですな。

Posted by: wildlife | March 23, 2005 at 01:15 AM

何気なく見落としてしまう野いちごの花もこうやって撮るときれいですね。(いつもWildlifeさんのセンスに感心しています)

我が家にもブルーベリーとブラックベリーがありますが、なかなか思うような収穫はありません。

野いちごがたくさんある自然が、いつまでも残るように願っています。

Posted by: シェフコミ管理人 | March 24, 2005 at 11:44 AM

シェフコミ管理人さま
ベリーファンでしたか。我が家もブラックベリー、ジューンベリー、ラズベリー、ワイルドストロベリーなどなど、家人が知らぬ間にどんどん植えていくものですから…(笑)。
ほとんどは坊やのおやつになります。

Posted by: wildlife | March 26, 2005 at 12:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39281/3383434

Listed below are links to weblogs that reference 野いちご:

« 2匹のヘビ | Main | ブランコ2005 »