« May 2005 | Main | July 2005 »

夏みかんチョコ

chocola

 梅雨の30度。もう最悪だ。昼前に起きれば体はジットリ。家人も暑さに遭難したように寝っ転がっている。梅雨らしく雨が降れば、こんな気分も洗い流してくれそうなのに…。
 元気を出すにはどうすれば良い? まずカプチーノを一杯。そして特効薬はヒロさんの自宅展で買ったチョコを参考に作った、オレンジピールチョコ。冬場にもらった隣家の夏みかんの木のおすそ分けと、我が家のレモン、ニューサマーオレンジの皮を、甘く煮てからドライに。さらに湯煎で溶かした苦めのチョコをかけてみた。
 チョコの苦味とあふれる夏みかんの香りと甘みは、コーヒーと抜群の相性。時折混じるレモンやニューサマーオレンジの香りも新鮮で、止まらなくなる。遭難者もようやく元気を取り戻したみたい。
 一息ついてテーブルの脇を見れば、坊やが口をとがらせて顔をうかがっている。「チョコ、苦くて嫌いなんですけど…。お昼ごはんは?」。おやおや、すっかり忘れておりました。家人は笑いながら「レンバイのズッキーニでリゾット作ろうか」。坊やは早速ズッキーニを刻むお手伝い。まだ4歳なのに、ほんとに彼は料理好きだね。

Cooking, 山の幸 海の幸 | | Comments (5) | TrackBack (0)

フェイジョアの花

feijoaflower
 
 
 
 
 
 
 
 梅雨の晴れ間の庭遊び。きつい湿気も、家人と坊やには関係ないらしい。今日は杏を収穫して、タルトを作るのだとか…。
 今年は何もかも例年にない豊作。ベリーはもちろん、昨年、2,3粒しか実らなかった杏は近所に配れるほど。来月収穫するスモモも枝に鈴なりだ。家人の執念が実ったというべきか。
 感心して撮影をしていると、2人は白い花をむしって食べている。フェイジョアだという。「秋の果実まで食べるなよ」とあきれると、心配ないと笑う。しべを残せば実がなるらしい。花一輪で2度おいしいというわけ。口にすれば、白く肉厚の花びらは甘く、何となくあけびを思い出す味わいだ。
 家人いわく「結構植えている家は多い。友達に教えたら、みんな買い物途中につまんで楽しんでいるみたい」。はぁ? 君の仲間はよその家の花まで食べているの? 「花びら1枚だけ」とか言い訳しているが、まったく…。
 地元のフェイジョアを愛好する皆様、家人の手先どもの手にかからぬよう、花びらは早めに食しましょう。

| | Comments (11) | TrackBack (1)

Juneberry

juneberry

 「山椒は小粒でも…」なんて言うけれど、ベリーでは小粒のこの果実も、そんな魅力にあふれている。
 ジューンベリー。甘さと酸味、香りのバランスが絶妙で、庭では一番の味わいだ。一粒を口にすれば止まらない。さくらんぼのように枝からひょいっと伸びた姿も愛らしい。
 元々は北米に自生する低木で、虫がつかず世話の手間がかからないのも魅力的。庭木として扱われることが多いけれど、こんなに美味しい果実を味わわない手はない。
 家人は「日持ちが悪いから、早く食べなくちゃ」とか言って、一人ぱくついている。その姿を見ながら、果実まで手が届かない坊やはじれったそう。「ちょっとぉ、ズルしちゃだめだよ。早く採ってよぉ」と手を伸ばしている。
 ジューンベリーの旬が過ぎれば7月。夏はもうすぐ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

蛍狩り

genjihotaru
 
 “湘南ちゃぶ台ライフ”のヒロさんの写真があんまりきれいなので、挑戦してみたけれど、撮影はなかなか難しいね。
 6月の谷戸の宵を彩るエメラルド。ゲンジボタルは思ったよりずっとたくさん飛んでいた。いろいろ説明してくれる近隣の仲間もいて、皆でぞろぞろホタル狩り。子どもは捕まえようとして、手をぱちんとやったりするから、少しハラハラ。でも、そのうち眺めて楽しむのが一番と思うのか、追いかけたりしなくなるから、おもしろい。坊やはガイド役のおじさんに教えてもらって、「ホタルってホントは赤いんだよ」なんて自慢気に話している。子ども時代に見たホタルの輝き。きっと一生の思い出になるのだろう。
 ISO100の1分露光で撮ってみたけど、撮影するには頭数が少ないのか、露光時間が短いのか。独り言を言っていると、「腕が悪いの」と家人がとどめをさした。

| | Comments (10) | TrackBack (1)

モミジイチゴ

momijichigo

 
 
 
 
 
 
 
 3週間ぶりの休み。きょうは一日ベッドで過ごそうと思っていたのに、朝っぱらからたたき起こされた。目を開けると、家人は作業服姿。これは「ヤバイ」と思わず寝たふりをしても、もう遅い。
 友人から市民農園を譲ってもらったという。私が休みになったので、早速労役にかりだそうというワケ。
 行ってみれば畳三畳ほどのスペースにナス、トマト、落花生…。雑草むしりやらアブラムシ退治やら、あれこれ言いつけられる。曇り空にじめじめした空気。せめてもう少し天気がよかったら、作業する気分が違うのに。
 一休みして区画の外を歩いていると、葉っぱの陰に黄色いダイヤモンド。今年のベリーの季節はもう楽しめないとあきらめていたが、残っていてくれたとは。口にすれば甘露、甘露。疲れが少し飛んでった。
 今夜はホタル見物でも行こうかな。 きょうは入梅。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »