« 紅玉 | Main | 銀杏の香り »

熱情の実り

passionfruit
 
 
 
 
 
 
 
 熟すにつれて濃さを増す赤は、家人の熱情の証? パッションフルーツ、今年も実りました。あー、ホッとした。
 冬場は2階の窓際で養生して、春から少しづつ外気にあてて、つぼみができるのを待つ。その後は、受粉のために早起き続き。そこまでやって、収穫ゼロでは洒落にならないからね。
 よく熟したのを早速、半分に切り割って果肉をすくいとれば、まごうことなきパッション。甘酸っぱさと香りは文句なしだ。沖縄の人は、種は噛まずに飲み込むか、捨ててしまうらしいけれど、我が家は種まで楽しむのが流儀。今年も収穫は4粒ほどだろうから、味わいきらなくてはね。
 沖縄では、果実が黄色く、甘味と香りの強い品種も結構見かける。「来年は黄色の品種も探して見ようかな」。早起きに苦闘していた家人が、そんな余裕の言葉を口にするのも、収穫があればこそ。パッション農園、ほんとうに夢だね。

|

« 紅玉 | Main | 銀杏の香り »

Comments

木に生っているパッション・フルーツなんて初めてみました。結構外見は地味な感じがしますが、その分、食べたときの嬉しさが倍増するのかな、なんて。

Posted by: 守屋 | September 18, 2005 11:22 PM

守屋さま
ふむ、地味ですか?
いやぁ、緑の葉の陰にのぞく真紅。
思いっきり熱いですよ。
我が家は…。

Posted by: wildlife | September 21, 2005 12:39 AM

こんばんは~
コメント、TBありがとうございます。
早速おじゃましました。
綺麗な色の実になってますネ!
以前の記事も読ませていただきました。
7月にお花が咲いたその後でしょうか?
うちは、今月になって次々に開花していますが、このように綺麗に熟すでしょうか?今日も3つ咲いて人工受粉してみました。合計11個のお花が咲いて2つ落花してしまいましたが、まだつぼみもあります。だんだん朝晩と涼しくなっていますが、大丈夫なのでしょうか?
冬場は、この鉢ごとお部屋に入れて置くのですか?今年始めての栽培なのでまったくわかりません。
ごめんなさい。立て続けに質問ばかりして・・・
wildlifeさんは、鎌倉にお住まいなのでしょうか、うちは横浜です。わりと近いので育て方ご教授下さい。お願いします。

どのお写真も綺麗で見とれてしまいました。
せみの羽化も羽や目の色まで、とっても綺麗ですね!私も今年始めて見ました!神秘的な場面に出会えて興奮してしまいました~(^O^)
またおじゃまさせて下さい。

Posted by: orenge | September 21, 2005 10:38 PM

orengeさま 初めまして。wildlifeの連れ合い、wildwifeです。
立派に繁ってどんどん咲いてますね!大丈夫、収穫できますよ。
沖縄では二季なり性で、年に二回収穫できると、パッションフルーツ農園の
方に聞きました。
実は我が家でも去年は、夏に収穫したあと、秋に新芽が伸びだして花が咲き、
真冬に室内で実りました。
11月ごろ、夜がうんと寒くなってきたら、日当りの良い室内に入れ、
天気の良い日は外に出して日に当ててあげるといいと思います。
耐寒性はかなりあって、霜でも下りない限り、寒さで枯れるということはないようです。
薄く色づいてくると、ポトンと落ちてしまうことが多いので、鉢の周りに
落っこちていないか毎日チェック。
落ちたものは、キッチンにでも飾っておけば、熟れてきます。
赤みが増して、香りがしてくれば食べごろです。
自宅で育てても、本場のものと比べてちょっと小さいぐらいで、
味や香りは変わりません。美味しいです!お楽しみください。

Posted by: wildwife | September 21, 2005 11:49 PM

wildwifeさん、ありがとう~♪
霜にあてなければ大丈夫なんですネ
お花を見れればいい・・・受粉したら実が見れればいい・・・実が出来たら収穫・試食も・・・だんだん欲張りになってきています。 大事に育てたいと思います。頑張りま~す(^o^)丿

Posted by: | September 22, 2005 01:17 PM

ごめんなさい。↑名前も書かず送信してしまいました。

Posted by: orenge | September 22, 2005 01:19 PM

今年初めて奄美大島から買ってきて食べたパッションフルーツが本州でできるとは、知りませんでした。
熟れたものしか見ていないので、最初はこんな風にりんごのような色だとは思ってもいませんでした。
食べるときにはぜひ中の果肉も見せてくださいね。
熱々のWildlife家。ふー、ごちそうさま。

Posted by: rururu | September 25, 2005 08:50 PM

rururuさま
パッションフルーツの上部を切り落とし、中に泡盛を注いで食べる人がいるそうです。
あぁ・・その香りを想像しただけでも、鼻の奥がフガフガ・・・
今年の忘年会は、これで乾杯だぁ!

Posted by: wildwife | September 26, 2005 01:36 AM

泡盛の古酒と黒糖焼酎を持って伺いますわ。忘年会までパッションフルーツがあるかは??ですが。

Posted by: rururu | September 27, 2005 12:28 AM

大きさはどのくらいになるのですか?
少し小さめとのことですが。
育ててみたくなりますね。

Posted by: きりまま | September 28, 2005 05:55 PM

きりままさま
卵のLLサイズをふっくらとさせたくらいです。
虫や病気の心配もないようですし、寒さ対策と受粉ができれば、
育てるのは難しくありませんよ。

Posted by: wildwife | September 28, 2005 11:54 PM

想像していたよりもずっと大きいです。
この辺の園芸やさんとかでもあるのかしら・・・。

Posted by: きりまま | September 29, 2005 12:07 PM

初夏に、つぼみや青い実がついた状態の鉢がよく出回ります。
実が4~5個ついたもので、¥3000前後でしょうか。
今はちょっと時季はずれかもしれません。
私は、サカタのタネガーデンセンター
http://www.sakataseed.co.jp/gardencenter/shonan.html
で買いました。毎年出てますよ。

Posted by: wildwife | September 29, 2005 11:46 PM

パッションフルーツ&泡盛!
う~、いつか私にも飲ませてね。
最近私がはまっているのは、黒糖焼酎を自家製梅ジュースで割って、庭で採れた青いレモンの果汁をぎゅっと搾ったもの。
ブラジルのカイピリーニャとか、ペルーのピスコサワーみたいにラテンな香りがして美味しいよ。

Posted by: 樹美 | October 05, 2005 09:32 AM

樹美さま
それも美味しそうですね。お祭り体質の樹美ファミリーにぴったり。
我が庭の「レモン」は、実はライムだったらしく、寒さに弱いのか
あまり実をつけなくなってしまいました。
無農薬レモンでレモンスクェアを作りたかったのですが・・・

Posted by: wildwife | October 06, 2005 10:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 熱情の実り:

« 紅玉 | Main | 銀杏の香り »