« 銀杏の香り | Main | 散歩のおつまみ »

柴栗拾い

yamaguri

 朝から家人と坊やが家を出たり入ったり。何をやっているのかと、寝起き眼で窓の外を見れば、いが栗を両手に一杯抱えている。今年も裏山の柴栗は大豊作。
 いがをひらくと果実は3粒ほど。店でよく見かける丹波栗に比べると、だいぶ小粒だ。でも、こっくりとした甘みとホクホク感は柴栗の方がずっと上等。坊やは早速、「きょうは栗御飯」とか言いながら、妙な踊りを披露している。
 それにしても、裏山の柴栗は通り道にあるのに、毎年、我が家の取り放題。「こんなに美味しい栗を、なぜ他の人は見逃すのか」と不思議がると、家人は「皮をむくのが大変だから」と一言。ただでさえ面倒くさい栗の皮むき。小粒だけにたくさんやらなくてはいけないから、みんな見向きもしないというわけだ。なるほど…。すべてお任せの殿様亭主は気楽なもんだね。
 昨年収穫した冷凍栗もまだたくさん残っている。栗御飯の次は、殿様秘伝の栗きんとんでも披露しようかな。

|

« 銀杏の香り | Main | 散歩のおつまみ »

Comments

ほんとに生の栗をむくのは大変だよね。
昨年、栗ごはん、を宣言して人を集めたホームパーティはほんとつらかったよ。
大変だから、栗ごはんにありつけたころにはかなりの感動を持って「お・い・じ・い・・・・」ということになるのだけどね。
殿様もちょっと手伝ってみては?手が痛くなるから女の仕事ではないと思うけど。

Posted by: rururu | October 16, 2005 at 01:13 AM

ホントに栗の皮むきは、力仕事・・・
水に漬けて、ちょっと湯がくとむき易いと言うけど・・・今年は、腱鞘炎なのでちょっと避けてます(^^ゞ
でも、月すえには、子供のお誕生日なのでその頃栗おこわ作ろうかなぁ~と思ってます(^o^)丿
15日の朝日新聞朝刊「花おりおり」にオニグルミが出ていました。goodタイミング!くるみってこんな風に成るとは・・・

Posted by: orenge | October 16, 2005 at 03:04 AM

こちらへの出張はありませんか?栗ご飯、食べたい。

Posted by: 守屋 | October 16, 2005 at 03:37 PM

rururuさん
不器用なwildlife氏にむかせたら、ただでさえちっちゃな栗の実がなくなっちゃうよ。
S嬢のところでは、実家の丹波から毎年送られてくる大量の栗を、夫婦して
徹夜でむくのだとか。あそこの栗は、そのままですでに和菓子のように甘いです。

orengeさま
オニグルミの記事、私も読みました。
栗もクルミも、中身を出すのは一苦労。
「むき身(実)」を買ってくれば簡単なのだけど、それじゃぁ面白くないんだもん・・・

Posted by: wildwife | October 16, 2005 at 07:36 PM

守屋さま
なんかお久しぶりだね。
実は最近、欧州出張の依頼が来てたのだけど、
若手に回してしまった。
残念だねぇ。
仕事柄、出張となると欧州中を飛び回ることになるから、
ほんと、疲れるのですよ。
「ファーストクラスなら行く」とか言って怒られました(笑)。
とっても美味しいから、取りに来てくださいね。

Posted by: wildlife | October 16, 2005 at 08:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39281/6377283

Listed below are links to weblogs that reference 柴栗拾い:

« 銀杏の香り | Main | 散歩のおつまみ »