« ミモザ ひそやかに | Main | 春眠 »

若布拾い

wakamehiroi
 
 春先の波打ち際には、袋を手にした人たちがぞろぞろ集まってくる。打ちあげられた海藻をつまんでは落とし、つまんでは落とし…。若布拾い。砂にまみれていても、旬の味わいと柔らかさを知ったら拾わずにはいられない。味噌汁のたねか、しょうが醤油とあわせて一杯か。晩のおかず探しに家人と坊やはもう夢中。
 めかぶを見つけるのがコツらしい。絡んだ海藻の合間に、ぽっこり顔をのぞかせていたらシメたもの。時にはこんな大物だって見つかる。あとは水にさらして砂をのぞき、熱湯にくぐらせれば、鮮やかな緑色と潮の香りがたちのぼる。食卓は春満開。
 今夜は向田邦子風にしてみようかな。若布をごま油と醤油で少しいためるだけ。ゴマとの相性が抜群で、日本酒にぴったりなんだけど…。
 20日ぶりに休んだ親父は、砂に横たわり晩の献立をひとりごつ。相模湾の南風が心地よい。妻子の浜遊びを遠く眺めて、「ひねもすのたりのたりかな」。

|

« ミモザ ひそやかに | Main | 春眠 »

Comments

大船のイトーヨーカドーで
腰越の初わかめ1200円なりを買ってきました。
なかなか海まで行けなくて・・・。

Posted by: くまちゃん | March 13, 2006 at 05:59 PM

↑は湯通し乾燥わかめです。
でも、長いわかめの姿のままなんですよ。

Posted by: くまちゃん | March 13, 2006 at 06:00 PM

くまちゃん
海の中をどれだけ旅してきたかわからない漂着物より、
買った方がやっぱり美味しいんだろうな、とは思うのですが・・・
タダで拾えるんだもん。やめられませ~ん。

Posted by: wildwife | March 13, 2006 at 11:39 PM

時々、海が見たくなりますが京都ではなかなか海まで遠く、仕方なく琵琶湖を眺めに行きます(笑)
買ったものより、自分で潮の香りを嗅いで拾ってきた若布、良いなあと思います。もうじき、妻子を連れて淡路島に遊びに行く予定なんで、わしも「のたりのたり」したいです(^^)

Posted by: 龍3 | March 14, 2006 at 12:44 PM

久しぶりの休日だったのですね。
ぼうやちゃん、私の中ではいつも、プロフィールの上の後姿のイメージでしたが、大きくなられましたね。
大地に足を踏ん張って、頼もしいです。
我が家もメカブ納豆、堪能したばかりです。
翌日はおなかの調子がすこぶるいいんですよね。
見慣れた浜辺の風景に、ほっとします。

Posted by: きりまま | March 14, 2006 at 08:27 PM

龍3さま お久しぶりです。
確かに、京の都には、海がないのですね。
でも、そのおかげで、魚を美味しく保存して輸送する技術が発達したのでしょうか。
淡路島 近いのですね。我が家からは、はるかかなたです。

きりままさま
子どもは、親の感傷をよそに、どんどん成長して生意気になってしまいますね。
台所に来て「ええ~、今日もワカメかよ~」などと、文句をたれます。

Posted by: wildwife | March 16, 2006 at 10:16 AM

うちはゆうべは、
「今日も魚かよ~。」
でした。
文句を言うでない。

Posted by: きりまま | March 16, 2006 at 05:28 PM

今日は、生タコ(たぶん3kg以上はある)一杯1300円也を大鍋で釜茹での刑にしてやりました。今晩は刺身&ぬた、明日はタコ飯、週末はたこ焼きパーティです。

うちの可愛かったぼうやは、今ではすっかり声変わりした低い声で「お、今日はひじきがあるぞ。よしよし。きんぴらは無いの?」などと、居酒屋に来たおやじのようなことを言ってます。来週、小学校の卒業式。

Posted by: | March 16, 2006 at 08:15 PM

↑名前、書き忘れました。
たぶん、わかるとは思うけど。(今日が誕生日。)

Posted by: 樹美 | March 16, 2006 at 08:21 PM

樹美さま
お誕生日おめでとう!
ということは、そのタコ怪獣はお祝い膳の主役?
樹美さんが、大ダコを大根か何かでぶったたいている図を想像すると、
怖いものがあります。
そうか。男の子は声変わりがあるんだね。ゲッ・・・
あの、ちょっと裏返ったような優しげな声は、もう聞けないのですね。
とにかく、卒業おめでとね。

Posted by: wildwife | March 17, 2006 at 08:52 PM

「むぎわらだこ」を抱えていた息子さん、こんなに大きくなっているんですね。鎌倉の自然の幸のおかげでしょうか。

Posted by: 守屋 | March 20, 2006 at 06:19 AM

プロフィールのぼうやちゃんのイメージが、ちょっと大きくなった「あんよ」から、もうこんなに大きくなって~とビックリしました~(^o^)丿
きょう、湘南(鵠沼)の海に出かけたのですが、砂浜にはカラカラの残骸ワカメが無残でした。たまに出かけても、お宝は無理ですネ

Posted by: orenge | March 21, 2006 at 06:23 PM

守屋さま
これは、「ワカメ仮面」に変身しているところ、だそうです・・・
ナマコ鉄砲とか、ヒトデ手裏剣とか、こういう少年時代もいいですね。

orengeさま
その日の潮や風向きによって、打ちあがる場所は違うようです。
それにしても、昨日は絶好の行楽日和で、混雑していたでしょう。
おとといも、平日なのに、鎌倉方面は大変な渋滞でしたよ。

Posted by: wildwife | March 22, 2006 at 04:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39281/9062478

Listed below are links to weblogs that reference 若布拾い:

« ミモザ ひそやかに | Main | 春眠 »