« 若布拾い | Main | すもも狩り »

春眠

Shunnminn
 
 各地を飛び回っているうちに、鎌倉は若葉の季節に。ツクシもタラの芽もコゴミもたけのこも、すっかり時期を逸してしまった。2ヶ月ぶりの休日に春をどうやって取りかえそうかと相談すると、さすがは家人。今の私にとっておきの提案をしてくれた。
 春眠。ゴールデンウィークだというのに、広々とした谷戸には人っ子一人いない。ニホンタンポポが群生する草原で、日当たりの良いがっちりした木を選び、ハンモックを吊るせば、あとは倒れこむだけ。木綿の糸を一本一本手編みして作られたマヤンハンモックは、肌さわりが心地よい上、家族3人、計150キロの重みもやわらかく支えてくれる。誰かが体を少し動かすたびに、ゆらゆら揺れて、あっという間に夢心地。
 「春眠不覚暁」。何かに取り付かれたように働いた2ヶ月は、もはや記憶の彼方。緑の海に体を沈めていると、自分はいつ眠り始めたのやら、いつ目を覚ますやら。
 久しぶりに遊べると思っていた坊やは不満そうに、ハンモックの上で跳ねている。その揺れも意外に心地よくて…。きょうは勘弁。またあした。

|

« 若布拾い | Main | すもも狩り »

Comments

ご無沙汰。多忙な日々が過ぎたあとの睡眠(と食事)は、何物にも代え難い至福のときでしょうな。

Posted by: 守屋 | May 05, 2006 at 07:26 PM

久々の更新、お待ちしてました!
オツカレサマ。
家族の、のんびりとして、時間の流れがゆっくりとしている午後が伝わってきますね。

Posted by: rururu | May 05, 2006 at 11:28 PM

ゆっくりとお休みになれましたか?
ハンモック、気持ち良さそうですね。

Posted by: きりまま | May 06, 2006 at 01:13 PM

はじめまして

こういうライフスタイルってすてきだな、と読ませていただきました。ええっと、「湘南くいだおれー」からたどり着いたけれど、そこへの道順は忘れてしまいました。

子供の頃、叔母が北鎌倉から山をのぼったお寺の一つ下の家に住んでいました。都内の都会のど真ん中のマンション住まいと比べて、それはそれは楽しいところでしたので、いつかその思い出一杯の鎌倉に戻りたいと思っています。WILDLIFEさんのおうちのまわりはまだ自然が一杯ですね。どのあたりなのだろう・・と想像しながら、楽しんでいます。それじゃまた。

Posted by: Lady Ellington | May 07, 2006 at 12:01 AM

rururuさま
忘れないでいてくれたのね!
このハンモックは、wildlifeが独身時代に買ったもの。
その頃は、狭いワンルームマンションの対角線上に吊っていたとか・・・

きりままさま
ご無沙汰していました。
新緑の谷戸は、ウグイス、コジュケイ、ホトトギスの三重唱。
ハンモックの上は、極楽でした。

Posted by: wildwife | May 07, 2006 at 01:48 AM

守屋さま
確かに一瞬の至福。
私自身は惰眠のほうが性に合っていると思うのですが…。

Lady Ellingtonさま
いらっしゃいませ。
子ども時代の思い出いっぱいの鎌倉。いいですねぇ。
私は30歳にさしかかるころの鎌倉デビューですから、
Lady Ellingtonさんの思い出に憧れます。
その分、子どもに楽しんでもらおうと思っているわけです。
ただ、緑が削られ次々にマンションが開発される現状は本当に心配。
実は私も北鎌倉の山の上に住んでいるのです。
今後とも、よろしくお願いいたします。

Posted by: wildlife | May 07, 2006 at 02:12 AM

新緑に囲まれた中で、ハンモックでのお休みなんて素敵ですねぇ~
お疲れもとれそう~
ぼうやちゃんは、体力余ってますネ(^o^)丿

Posted by: orenge | May 08, 2006 at 08:07 PM

ハンモックは一度も体験したことがないんで憧れてます。
しかし、三人一緒に寝れるとは凄いですな。
うちの息子も、小学校入学して慣れない学校生活に疲れてるかと思いきや、連休中はパワー全開で遊びまくってくれました。

Posted by: 龍3 | May 09, 2006 at 12:34 AM

orengeさま
お弁当を食べたらあとは寝るだけの「ハンモックピクニック」。
クセになりそうです。
これから、蚊が出るまでの季節、どこへ行くのもハンモック持参になりそうです。
(蚊取り線香も持参かな?・・・)

龍3さま
このタイプのハンモックは、体重が柔らかく分散するので、
想像をはるかに超えて快適ですよ。
子どもたちは、3,4人一緒に乗って、お団子状になりながらキャーキャーやってます。

Posted by: wildwife | May 09, 2006 at 12:17 PM

ご無沙汰です~。
いいなー、ハンモック。
体重90キロの大人が乗っても大丈夫??(笑)

最近谷戸を歩いてないのでチョット恋しいです。
何せ日曜になると、今日もそうだけれど、雨。。。
うーむ。。。日頃の行いといわれればそれまでですが。。。

Posted by: こる。 | May 14, 2006 at 08:17 AM

こる。さん お久しぶり。
90キロって、最近?
17年前にこのハンモックを買った時の触れ込みでは、
「250キロくらいまでは大丈夫」とのこと。
こる。さん2.5人までは、耐えられるはずです。
もちろん、試してはおりませんが…(笑)。

谷戸歩きでいい汗かいてから、
ぶーらぶーらするのが最高です。

Posted by: wildlife | May 14, 2006 at 12:49 PM

はじめまして。ひでばたと申します。
ご多忙のようですが、いつもステキな写真で
更新を楽しみにしてます。
新緑の季節、谷戸の奥に入りこみたくて
ウズウズしている今日この頃です。

Posted by: ひでばた | May 21, 2006 at 12:13 AM

ひでばたさま
いらっしゃいませ。
wildlifeの連れ合い、wildwifeです。
コメントありがとうございます。
最近、更新が途切れがちで・・・催促していただくと、励みになります。

今年は梅雨のようなお天気ばかりで、せっかくの新緑がなかなか楽しめませんね。
去年の今頃は、週末ごとに、あっちの谷戸、こっちの谷戸と、歩き回っていたのに。

今後ともよろしくお願いいたします。


Posted by: wildwife | May 22, 2006 at 01:22 AM

最近はとても忙しいのかな?いつも楽しみにしています。写真も、文章も。
ちょっとでも余裕があったら書いてくれたらうれしいです。
鎌倉の夏、どんな感じですか?
(といって吉祥寺の夏はあまりレポートできませんが。。。)

Posted by: rururu | July 15, 2006 at 01:03 AM

rururuさま。
コメントいただいたのに、お返事もせずゴメンナサイ!
wildlifeの尻をたたき続け、この暑いのにパイまで焼いて(わりとさわやかな日では
あったけど)、ようやく更新しました。ゼーゼー・・・
この梅雨は、息切れ状態のwild一家でした。

Posted by: wildwife | July 31, 2006 at 07:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39281/9900948

Listed below are links to weblogs that reference 春眠:

« 若布拾い | Main | すもも狩り »