« 春眠 | Main | 土用干し »

すもも狩り

Sumomopie1_1
 
 ようやく梅雨が明け、久しぶりに過ごす青空の庭。すらり天に伸びる幹には紅の果実がたわわに実る。家人は2年越しのすもも狩りの夢をかなえたらしい。口に含めば甘酸っぱい香りが脳に突き抜けた。坊や、ようやく我が家に戻って来たよ。

 本当にひどい梅雨だった。湿気のためか毛虫が大発生して、一時はバラもリンゴの木も無残な姿に。わずかな休みの日は雨が降り、出張続きの親父はノビていただけ。3ヶ月ぶりに床屋にいけば、ボサボサぶりを「まるでサボテン」と笑われた。

 どんな長梅雨もいつかは明ける。庭の緑は復活し、髪だって切れば元に戻る。時が過ぎれば折り合いがつくのが自然。なのに「なぜオレの仕事は明日も続くのか」。家人に問えば、「稼げるうちが花よ」とばっさり。こちらの果実は、いつなるのやら。

 たっぷり採ったすももの実を、坊やは神妙な表情で生地にきれいに盛り付けた。すももパイ。焼きたての熱々をほおばって「甘酸っぱいね ぇ」だって。君もそんな味がわかるようになったか。ちょっと生意気。夏の風が駆けていく。

|

« 春眠 | Main | 土用干し »

Comments

すももパイとサボテンの対比、という構図も面白かったのでは。
 イギリスにもプラムはあるけど、日本のきりっとしたスモモのほうが、果物らしい新鮮さを強く感じると思います。

Posted by: 守屋 | August 01, 2006 03:00 AM

守屋さん
ご無沙汰していました。
イギリスのスモモは、プルーンのようなものですか?
日本のスモモも、最近は、甘くて大きな高級品種がいろいろ出回るようになりました。

Posted by: wildwife | August 02, 2006 11:01 AM

久しぶりのエントリーですね!楽しみにしていました。

5月から家の事情で2ヶ月東京に戻っていて、イギリスから友人が仕事できたときに鎌倉を案内しました。やっぱりいいですね!その日はとても暑かったけれど。

5月中旬から久々の日本の湿気高い梅雨に閉じ込められて気分がふさぎました。暑いだろうけれども、さっぱりした夏のひざし、楽しんでください。

守屋さんもイギリス在住でいらっしゃるのですか?このところ、いい天気であまり暑くなくて、いいですよね!ではまた。

Posted by: Lady Ellington | August 07, 2006 12:32 AM

Lady Ellingtonさま
はは、ほんとお久しぶり。
長々失礼いたしました。
せっかく帰国されたのに、まったく気持ちがなえる梅雨でしたね。
ようやく夏らしくなり、いろいろと遊びの計画を練る気力を取り戻しつつあるところです。
まずは食欲から…。

守屋さま
11月ごろ、行くことになりそう。よろしく。

Posted by: wildlife | August 07, 2006 02:40 AM

お久しぶりでございます。
ああ、久々のエントリーがこんなにおいしそうなものとは。。。
ぎっしりのフルーツ、見ただけでジュワッと耳の下が痛くなります。
おいしそう。。。

Posted by: きりまま | August 08, 2006 04:41 PM

きりままさま
ほんとにお久しぶりでございます。
ええ、ジュワッとかなり酸っぱいです。
ここまでワイルドに酸っぱい「スィーツ」は、売ってません。
焼きたてよりも、一晩寝かせた方が、酸味と甘味がほどよく落ち着いて、
美味しくなります。

Posted by: wildwife | August 08, 2006 07:47 PM

>11月ごろ、行くことになりそう。よろしく。
 了解しました。それまでなんとかロンドンに居られるように頑張ります。Wildwifeさんの手作りのケーキなんていいな、と独り言です。

Posted by: 守屋 | August 09, 2006 05:18 PM

守屋さん
チャールズ皇太子ブランドのオレンジクッキーなんていいな、と独り言です。
あれ、日本ではすごく高いんです。

Posted by: wildwife | August 10, 2006 12:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference すもも狩り:

« 春眠 | Main | 土用干し »