« すもも狩り | Main | みょうが寿司 »

土用干し

Doyouboshi

 真夏らしい暑さと雲ひとつない青空。家人と坊やは「待ってました」とばかりに、朝から庭で楽しそうな声を上げている。カーテンと窓を開け放ったベッドにも、そのうち酸っぱくさわやかな香りが漂ってきた。長梅雨の忘れ物、どうやら解決したらしい。
 
 土用干し。今夏の土用は8月7日までだから締め切り寸前だ。母子で拾い集めた果実に市販の梅も足して、漬かり具合は文句なし。しかし決め手の一味はお天道様のご機嫌しだい。1粒ずつザルに並べると、坊やは拍手2回打って「お日様、お願いします」。
 
 「今年はこれだけじゃないのよ」と家人が自慢気に言う。熟れた梅肉はジャムに。果実の一部は砂糖漬けにして梅シロップを作った。さらに残った種の核をリキュールに漬けて、「アマレット」も密造中。こういうことは本当に熱心だね。
 
 梅干1粒、唇に寄せれば香りで酸っぱさが口一杯に広がる。坊やも目をしばたかせて、「早くおにぎりにしたいね」。あと2日、お天道様に美味しくしてもらおう。今夜は水茄子ときゅうりを梅酢で漬けた、ちょっとゴージャスな柴漬けで一杯。
 「あーした天気になーあれ」

|

« すもも狩り | Main | みょうが寿司 »

Comments

我が家もベランダから甘酸っぱい香りが漂ってきます。
あいにく最後の一日が雨となってしまいました。
とどめの一干し、早くカラッと晴れないかしら。
おにぎり早く食べたいですね。

Posted by: きりまま | August 08, 2006 at 04:43 PM

きりままさま
大変ご無沙汰しておりました。
ところで、「三日三晩」というからには、四日目の朝に取り込むものなのでしょうか。
今まで、あまり深く考えず、三日目に取り込んでいましたが、
それでは「三日二晩」になりますよねぇ。
きりままさんは、どうしてらっしゃいますか?

Posted by: wildwife | August 08, 2006 at 07:34 PM

オハズカシながら、義母が毎年漬けているので、それを頂いていました。
梅干は今年初めて漬けたんです。
最後、夜露にあてちゃって終わりでいいのかなあ?と私もちょっと考えます。
最後カラット消毒代わりに日に当てたほうがよさそうですよね。
でも、干しすぎて果肉がカラカラもいやだし。
次回晴れたらお昼ぐらいまで日に当てようかな。

Posted by: きりまま | August 08, 2006 at 08:25 PM

私は今年初めて作ったんですよ。
週末から干していて、種離れがいまいちかなってそのまま続けて出していたら今朝の雨。あわてて取り込みました。
計四日くらいかな。昼間は留守なのでひっくり返しもせずに。
梅酢はうれしいですね。私はごはんにまぶして簡単すしめしにしてます。他には紫蘇の残りでシロップ作りました。
アマレット、今度教えてください。来年作ります。

Posted by: rururu | August 09, 2006 at 12:48 AM

きりままさま
私も、最後はしっかり日に当てた方が、気持ちがいいように思います。
ベテランのお義母さまは、どうしてらっしゃるのでしょう。
それにしても、急に涼しくなってしまって・・・早く仕上げができると良いですね。

rururuさま
ジップロックで漬けたの?
「梅干を作るようになったら、お嫁に行けない」なんて、初耳ですけど・・・
「お婿に行けない」ってのは、どう?独身男性で、凝ってる人、いそう。

アマレットは、本来はアンズの核で作るものだそうです。杏仁ですね。
ジャムにした後の種を、マカデミアナッツクラッカーで割って、
薄皮をはいでからホワイトリカーに漬けてみました。
強烈に良い香りがします。ふるふるの杏仁豆腐にタラ~っとたらして大人の味!

Posted by: wildwife | August 09, 2006 at 12:07 PM

梅干、それほど好物ではないんですけど、久しぶりに見ると無性に懐かしいです。

 ところで質問があります。Wildwifeさん、びわの種のお酒って、ご存知ですか?興味あるんですが、どこで購入できるのかな、と。

Posted by: 守屋 | August 09, 2006 at 05:17 PM

守屋さん
びわ種酒。自分では作ったことありませんが、よく聞きます。
民間の万能薬みたいなもで、自宅で作るもののようですよ。
果実を食べた後の種を、そのままか半分に切って、
普通の果実酒同様ホワイトリカーで漬ければいいようです。
びわの種も杏仁の香りがするので、美味しい「アマレット」ができそうですね。

Posted by: wildwife | August 10, 2006 at 01:03 PM

確かに。いまどき、梅干つける男子それも凝り性の、結構いそうですね。
ジップロック漬けは梅酢があまりできないのでこの写真の量はうらやましいですー。
雨にぬらした梅も昨日の好天でまた干して事無きを得ました。(たぶん)ほ。
アマレットは梅干食べた後にやってみようっと。

Posted by: rururu | August 11, 2006 at 07:16 AM

あー、rururuさん・・・
梅干の種でやるんですかー?
ウーン あれはすでに梅干味に漬かってちゃってますからねー・・・
私は、梅干の種はどんどんビンにためて、しょうゆを注いでおきます。
「即席梅じょうゆ」重宝しますよ。(種はしゃぶらないのよん)

Posted by: wildwife | August 11, 2006 at 09:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39281/11310701

Listed below are links to weblogs that reference 土用干し:

« すもも狩り | Main | みょうが寿司 »