« 土用干し | Main | 甘く危険な香り »

みょうが寿司

Myougazushi
 
 昨日の午後、家人が「谷戸に付き合って」と言い出した時は驚いた。なにしろ猛烈なスコールに雷。「傘に落雷する」と止めても、「どうしてもみょうがの葉が欲しい。今なら蚊もいないわ」だって。熱意の成果、感服します。
 
 みょうが寿司。先日作った梅酢に庭のみょうがを漬けて、酢飯にたっぷり混ぜ込んだ。あとは梅酢でしめた鯵をのせ、殺菌効果のあるみょうがの葉で包むだけ。「ほら、なんて美しいの」と、家人はすっかりご満悦。葉っぱをほどいてひとつ口にすれば、梅とみょうがのさわやかな香り。酢飯は舌にほろりととけた。
 
 それにしても、みょうがも梅も見事な引き立て役。ご飯はもちろん、旬を過ぎた鯵の甘みも引き出してくれる。葉の緑は目に涼しく、酒にぴったり。かなり過ごしてしまったよ。
 
 坊やは「ぼくがにぎったお寿司が一番おいしいよ」と自慢げに、ぱくついている。君も上手に作った。みょうがだからって忘れちゃいない。家人はニンマリ「また葉っぱを採りに行く?」。おやおや、ずぶぬれになったことを忘れたか。今年はこれでご勘弁。

|

« 土用干し | Main | 甘く危険な香り »

Comments

おいしそう!
綺麗に包まれ、綺麗に並べられ・・・。
ごちそうですね!
ああ、おととい、苗場で大きくて綺麗な笹の葉を見つけたのですが、カッターとか何もなく、途方に暮れてしまいました。
サバイバルナイフなど、いつも持ち歩かなくてはいけませんね。
笹だんごとか、ちまきとか、頭の中で描いたのに。
蜂もたくさん飛んでいたので、そそくさと車に逃げ込みました。
みょうがの葉っぱ、殺菌作用があるのですか。

Posted by: きりまま | August 16, 2006 12:46 PM

きりままさま
私も昨日、麩まんじゅうを食べた時、笹の葉の包み方をじっくり観察してしまいました。
そのへんに生えている熊笹(ふちが白いやつ)でも、あの良い香りがするのでしょうか。
いつか試してみたいです。
ところで私、いつも財布の中に超小型ナイフを隠し持っています。
いざという時(って収穫ですよ)のために・・・(空港でひっかかったことありますけど)
みょうがの葉は、一応抗菌作用はあるらしいです。昔から、おにぎりやお寿司を包んで
畑仕事に持って行ったりしたようです。

Posted by: wildwife | August 16, 2006 06:02 PM

とっても素敵なおすしですね。色味がきれい!!
雨の中を行ったとはさすがwildwife!そのおかげさまのおすしですね。
今晩ちょうど、すし飯にしてみょうがを混ぜて食べよう!と思いながら帰ってきたところだったのでびっくりしたよ。

Posted by: rururu | August 16, 2006 08:17 PM

おっ、rururuさんもみょうが寿司ですか!
この蒸し暑さ。求めるものは同じですね。
葉っぱで包む作業はけっこう面白くて、クセになりそう。
笹の葉、柿の葉、蕗の葉、ぶどうの葉・・・
中身もおにぎり、まんじゅう、肉ダンゴ・・・え?(ロールキャベツか?)

Posted by: wildwife | August 17, 2006 12:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference みょうが寿司:

« 土用干し | Main | 甘く危険な香り »