« 胡桃拾い | Main | 新年おめでとうございます »

BeachGlass Candle

Beachcandle
 
 パリは葡萄酒のバーガンディ、ベルリンは白樺とシュトーレンの白。そしてロンドンは、なぜかスケートリンクのブルーライト。キリスト教国でも街を包むクリスマスの彩りは様々。だから帰国したら海に行って、グラスを拾おうと決めていた。今年の我が家のクリスマスは鎌倉の海の色。まもなく降るだろう雪の色。
 
 ビーチグラスキャンドル。川の流れに削られ波にもまれ、浜にたどり着いたグラスはちょっとした宝石。家人は積み木のようにして、ああでもないこうでもないと楽しんでいる。「カラフルだよ」なんて言って、坊やは青や緑の破片を重ねている。
 
 それにしても元はいったい何だったのだろう。ジュースの瓶だったか、薬瓶だったのか。一粒を手にしてわかるのは、確かな時の経過だけ。部屋の灯りを消して火をともせば、坊やは「すごい」とつぶやいて、炎とキャンドルの醸す光彩に見入っている。
 
 今年も3人で1年間過ごせた。それがすごいことなんだよ、坊や。明日は鶏でも焼こうかと話しながら、家人と葡萄酒を揺らす夜。メリークリスマス。

|

« 胡桃拾い | Main | 新年おめでとうございます »

Comments

創意・工夫って、素晴らしいですね。一見、「どこで買えるんだろう」、と思った自分を反省。

Posted by: 守屋 | December 24, 2006 at 05:38 PM

う~ん、いつも本当にオリジナルで素敵な暮らしぶりですネ。
真似したくなってます。
すてきだあ。。。

Posted by: きりまま | December 24, 2006 at 11:28 PM

守屋さん
チャールズ皇太子のクッキーありがとうございました。
特に、オレンジとレモン入りが大好きなんです。
美味しい物と美しい物に囲まれたクリスマスになりました。

きりままさん
ビーチグラスキャンドルは、ヒロさんの「湘南ちゃぶ台ライフ」にも載っています。
今回私は、IKEAのガラスのキャンドルホルダー(\50なり!)を台に使ったので、
とても簡単きれいに出来ました。お子さんと一緒に、真似してください!

Posted by: wildwife | December 25, 2006 at 08:40 AM

素晴らしくキレイにできましたね。
うちでも奥さんが作ってます。
時々拾ってきては少しづつ積み重ねているので完成まではもう少しだけかかりますけど、出来上がりが楽しみです。
どこからとものなく流れ着いた欠片の積み重ねというところがステキですよね。

Posted by: ひでばた | December 25, 2006 at 12:38 PM

ひでばたさま
いろんなビーチの思い出が、少しずつ積み重なっていくのを
見守っている夫・・・なのですね。風情がありますね。
ウチは子どもと一緒なので、彼の目が輝いているうちに一気に作ってしまえ!
という感じです。
完成したキャンドルを灯して、ご夫婦でゆったりとした時間を楽しめるといいですね。


Posted by: wildwife | December 26, 2006 at 11:45 AM

ありがとうございます!
これはノーチェックでした。
50円のキャンドルホルダー!
大変身ですね。
ビーチグラス、ビンの中でぎゅうぎゅう重なっているので、作ってみようかな。

Posted by: きりまま | December 27, 2006 at 01:44 PM

 美しい…。電気を消すのは寝る時だけ、というような生活ばかりしています。暗くなると、娘よりも早く意識を失っています。(これ、母親ゆずり。赤ちゃんだった私よりも先に昼寝している母の写真があります。)
 大晦日くらい、向こうで仕入れてきたアロマキャンドルに火を灯してみようかしら。
 良いお年をお迎えください!

Posted by: 魔法使い | December 30, 2006 at 10:57 AM

魔法使いさん、こんにちは。
そちらに海はないだろうけど、シロタエギクならその辺の植え込みにありません?
後ろに写っているキャンドルホルダーは、シロタエギクの押し葉を、
市販のすりガラスのホルダー(無印良品)に貼り付けたもの。
葉の裏側を表にして貼ると、柔らかな乳白色で、火を灯さなくても美しいです。

Posted by: wildwife | December 30, 2006 at 12:20 PM

後ろのも手作りだったのですね!とっても素敵。シロタエギク(名は初めて知りました)を押し葉にするなんて考えたこともありませんでしたよ。

Posted by: 魔法使い | December 31, 2006 at 10:10 PM

なんだぁ、ロンドンにいらっしゃるのだったら一言お知らせいただいたらお目にかかれたかもしれないのに、残念!

サマセットハウスのリンクですね?素敵なリンクだったでしょ・・・。オフィスの連中と22:30からすべりにいきましたよ。

このキャンドルホルダー、素敵ですね。潮風の音がかすかに聞こえてくるようです。更新ときどきお願いしますね、とっても素敵な写真や記事なのでいつも首を長くして待っております!

Posted by: Lady E | January 03, 2007 at 03:08 AM

Lady Eさま
ほんと、みんな楽しそうに滑っていましたね。
地下鉄が止まったり、バスがストだったりで、仕事の方は参りましたが、夜のフリータイムに見た人々の楽しげな姿が忘れられないのです。

「潮風の音」。時折、こんな感想の言葉をいただけるので、ブログはやめられません。今年は気合いをいれますので、ひきつづきお付き合いのほどを。

Posted by: wildLife | January 03, 2007 at 10:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39281/13176690

Listed below are links to weblogs that reference BeachGlass Candle:

« 胡桃拾い | Main | 新年おめでとうございます »