« Berry Pie | Main | Beach Trecker »

七夕羊羹

Mizuyoukan1_2

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 家人は竹筒をトンボの群れなす谷戸のせせらぎに並べてご満悦。最近、雨が多かったおかげで水の流れは思ったより速く、冷たい。「どれくらいたったら冷たくなるの」と坊やは待ち遠しそう。さて、中に入っているのは冷や酒? それとも…… 
Mizuyoukan2
 水羊羹。初めて作ったわりには、きれいな出来上がり。竹筒の節に穴をあけて傾けると、深緑の涼菓がするりと現れた。濃厚な色はご愛嬌。いくら好きだからって、こんなに抹茶を混ぜ込んだら坊やは食べられないよ。奥様。
 
 水筒の熱いお茶と一切れ口に放り込めば案の定、かなり大人の味。午後の谷戸を吹く風とお茶の香りに、湿った気分が涼を取り戻す。蚊が増え始めたので、谷戸歩きもしばらくお預けだろう。今日は思う存分ハンモックで昼寝三昧。
 
 「ママ、苦くて食べられない!!」。突然、憤慨した坊やの声があたりに響いた。まあ、そう怒るな。羊羹を取り出した竹筒は水鉄砲に。「よし、悪いママをやっつける」。母子で大騒ぎして、水をかけあっている。

 七夕の短冊飾りにはどんな願い事をしようか。「こんな日がいつまでも過ごせれば……」。どこかで笹の葉がさらさら鳴っている。

|

« Berry Pie | Main | Beach Trecker »

Comments

羊羹って、家庭で作れるものなんですか?驚きました。

 先日のトピックに関連するものですが、今日、ロンドンの西に位置するバークシャーに、友人を訪ねてきました。そこの菜園で頂いた摘みたてのラズベリーとローガンベリーをほうばりながら、この間のパイを思い浮かべていました。

Posted by: 守屋 | July 09, 2007 at 02:55 AM

うーん、考え付きませんでした!
竹に羊羹をつめて川で冷やす・・素晴らしいです。
しかもおいしそう~~。
これも近くにみずみずしい青竹と清流があってこその贅沢ですよね。
おいしそうです(・∀・)

Posted by: sugaree | July 09, 2007 at 07:41 AM

守屋さん
英国の農園でベリーピッキングをするのが私の夢です。
本で読んだのですが、プライオリー・ファーム(別名カントリー・ハロッズ)とかいう所で、
ベリーやチェリーを摘んでピクニックしてみたいです。
水羊羹は、あんこを溶いて寒天で固めるだけですから簡単です。

sugareeさん
これはマダケの新竹(というのかしら?)です。
6月に細いタケノコがにょきにょき出てきて(これも美味しい!)、
それが成長するとつややかな青竹になります。
上のほうは七夕飾りに、下の方は水羊羹と水鉄砲に。
余すところなくいただいて、楽しかったです!

Posted by: wildwife | July 09, 2007 at 09:48 AM

素敵。今朝黒砂糖羊韓作ったばかりなのでコメント致しますね。LadyE
さんのところから参りました。過去記事も全部読破しましたよ。鍵善より美味しそう。清水で冷やすせいですね。豊かな生活ぶりが伺えてこちらまで幸せになります。

Posted by: mamaさん | July 09, 2007 at 10:32 AM

mamaさん こんにちは。
黒砂糖羊羹いいですねー。私も、しょうが風味の黒糖かんを
竹に流し込んでもいいなぁと思っていたところです。
鍵善さんの竹流し水羊羹(そんな名称でしたっけ?)も食べてみたいです。
過去記事まで全部読んでいただき恐縮です。
ぼちぼちの更新ですが、よろしくお願いいたします。

Posted by: wildwife | July 09, 2007 at 11:59 AM

この羊羹は、お抹茶の香りと一緒に少し竹の匂いがしましたか?すてきな休日!鎌倉はいいなぁ〜。

Posted by: Lady E | July 13, 2007 at 07:38 AM

Lady Eさま。そちらから mamaさんも来て下さいました。
竹の香りもほんのりとついていました。そうでなくちゃね。
でもあまり強いと青臭くなってしまいます。
みずみずしい青竹は、節の間で切ると水がほとばしり出ます。
一日乾かして、竹の匂いが少し飛んでから使うのがいいようでした。

Posted by: wildwife | July 13, 2007 at 09:44 AM

すごい!
つややかな羊羹、とてもおいしそうですね。
すごくあこがれちゃいます。
鎌倉は。。。蚊が多いですよね。
子供たちは刺されているのに気づかずに遊び続けるので帰ってきてからが大変です!
これから気をつけなきゃ。

Posted by: きりまま | July 16, 2007 at 10:55 PM

きりままさん
ハイ、この日は蚊取り線香持参で谷戸に行きました。
通りがかりの谷戸のおじさん、竹筒を見て「ほぅ、水羊羹ねぇ・・・
酒を入れても旨いんだよねー。」
ハイ、そっちも試してみまーす。

Posted by: wildwife | July 17, 2007 at 01:03 AM

わー、色鮮やかですね。外のせせらぎで冷やした味は格別だったことでしょう。
その後お酒のほうは試しましたか?
ここのところ送ってもらっている7月の赤福の朔日餅も竹筒に入った水羊羹でした。

Posted by: rururu | July 29, 2007 at 07:25 AM

rururuさん
お酒はまだ試してません。青臭くないのかなー?
赤福の朔日餅、7月もちゃんと来たんですね。
ブログに登場するのかなーと待っていましたが、写真撮らなかったの?
来年は、梅とか柚子入り羊羹も試してみたいです。

Posted by: wildwife | July 29, 2007 at 09:35 PM

ほんと素敵な日々をすごしてますねー。
朔日餅の竹筒に入ったようかん。。。悲しいこと(父のどじ)があって写真を撮る暇がなかったんだ。
私は一つしか食べていなくて写真を撮る間もなかった。

新たなようかんを開発したら食べに行くよ。

Posted by: rururu | August 02, 2007 at 11:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39281/15538344

Listed below are links to weblogs that reference 七夕羊羹:

« Berry Pie | Main | Beach Trecker »