« 春の雪 | Main | 若葉 »

月とミモザ

Mimoza1

 二日酔いの朝は年々つらくなっていく。朝飯が食べられないだけなら、ましな方。酔い覚ましのお茶を飲みながら、昨晩あったことを思い出してみる。あいつと飲んで、気分がよくなって、何軒かはしごをしたっけ。そして、家の前でタクシーを降りて……。ん? どこからタクシーに乗ったの?
 
 いい年をして何をやっているのかとしょっちゅう言われているけれど、まっ、こんなもんでしょ。今こうしている自分が一体どこから来たのかなんて考えるまでもなく、たいていはいるべき場所に戻れるわけだし、これからも多分うまく過ごしていける。でも、そもそも自分はどこから来てどこに行く途中だったのか。そういえば最近は考えることさえない。
 
 同じ仕事をしてきた友人がまもなくやめる。大学時代、初めて会ったときから同業になる予感はしていた。向こうは世界を股に駆けての大仕事。こちらは街ネタ一本やり。考え方もまるで違うけれど、「満足している奴が嫌い」なのは同じ……。だからかな?
 
 うまく過ごしていけるのが、時にたまらなく嫌になる。そんな時、あいつは目をそむけてはいけない何かを見てしまったのだろう。
 
 月とミモザ。まだ骨にしみる寒さの中、花はやけに凛としている。

|

« 春の雪 | Main | 若葉 »

Comments

月が女性でミモザが男性?うがった見方でしょうかね。

Posted by: mamaさん | March 03, 2008 08:48 AM

平均寿命が延びている昨今、惑う期間が長くてもいいのではないでしょうか。

 同じ花でも、昼と夜とでは、印象が違って見えるんですね。

Posted by: 守屋 | March 04, 2008 03:52 PM

mamaさん
そうか。le mimosa・・・男性名詞ですね。そういう意味じゃない?

守屋さん
いつまでも、月に向かって訳のわからんことを吠えているwildlifeです。

Posted by: wildwife | March 04, 2008 05:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 月とミモザ:

« 春の雪 | Main | 若葉 »