« 森のブランコ | Main | ピーカンBBQ »

七夕キャンドル

Candle1
 
 七夕だっていうのに星は見えない。だから何とかしろと家人。久しぶりに早く帰れたのに、のんびりするどころか木登りする羽目に。まあ出来上がりは涼しげではあるかな。
 
 七夕キャンドル。ミモザに廃油で作ったキャンドルをいくつかつるしてみる。夏至の日から七夕までは「100万人のキャンドルナイト」の実施期間。加えて今日は「七夕ライトダウン」。温暖化の抑止や星のみえる夜空を取り戻すため、主催者たちは「電気を消してスローな夜を」と訴える。残念ながらそこまでの主張は持ち合わせないけれど、我が家ならこんなやり方というわけで、やってみた。
 
 意外に空が青くていい感じ。てんぷらの残り油でいけるのもうれしい。夕方の犬の散歩で通りかかった人は「クリスマスツリー?」なんて戸惑っている。部屋の灯りを消して刻一刻と変わる空の色と揺れるキャンドルの炎を眺めていると、夜はただ暗いだけじゃないと思い出す。坊やもじっと見つめている。
 
 「本当の七夕は旧暦だから、来月。その日は星明かりでキャンドルもいらないほどになればいいのに」と家人。実は新暦の7月7日が晴れる確率は2割ほどだとか。一方、旧暦の7月7日(今年は8月7日)は晴天確率が高いうえ、月の入りが早く、真っ暗な夜空で星を眺められるという。なるほど、今日はこうやって灯りを楽しむしかないわけか。
 
 標高が高い我が家の辺りは今の時期、夜が深まると山の上から霧が降りてきて、一帯を覆いつくす。キャンドルは白い世界にぼーっと輝いて、そのうち消えていった。

|

« 森のブランコ | Main | ピーカンBBQ »

Comments

>何とかしてよと家人
ふふ、wildlife家の織姫さまも無理難題を吹っかけますねぇ?それに答える彦星さまはお疲れも物とせず、木の上によじ登り★を飾る。見上げる坊やの様子が目に浮かびます。思い出深い七夕になったことでしょう。

Posted by: | July 08, 2008 at 10:15 PM

お名前がないのでどなたかわかりませんが、コメントありがとうございます。
廃油キャンドルが思いのほかきれいだったので、あれこれ試しています。
家じゅうの空きビン総動員です。

Posted by: wildwife | July 09, 2008 at 12:59 AM

失礼いたしました。ワタクシです。
廃油キャンドル、以前クリスマスにご自宅のお庭に飾られたものと同じでしょうか?あれは空き瓶とローソクでしたっけ?

Posted by: mamaさん | July 09, 2008 at 03:16 AM

やはりmamaさんでしたか。イギリスよりお帰りなさい。
以前、雪の中で灯していたろうそくのことですか?あれは、普通のティーキャンドルを
流木とアケビのつるで作ったトーチに入れて、土にさしたものです。
今回は、廃油、空きビン、拾った針金というリサイクル三点セット(?)でやって
みました。一応、わたくしなりに、エコに配慮したつもり・・・ではありますが、
そのためにレンジを駆使し、使い捨てライターで火を灯していたのでは、
正直何がエコなのかよくわからない。難しいですね。

Posted by: wildwife | July 09, 2008 at 12:57 PM

あらら、素敵!
ご主人様はすっかり木登り名人のようですね。
オレンジ色の灯り、いいなあ、あったかい。
七夕キャンドル、平日で時間差で帰ってくる家族に振り回され、すっかり忘れてました(笑)。

Posted by: きりまま | July 09, 2008 at 03:26 PM

きりままさん
廃油キャンドル。初めて作ってみましたが、何といっても色がいいでしょ?
薄茶色の廃油に黄色のクレヨンを削って加えると、レモンカードのような色になって、
火を灯すと暖かな光があふれ出ます。

Posted by: wildwife | July 09, 2008 at 05:38 PM

こんばんわ。

>夜はただ暗いだけじゃないと思い出す
 詩人ですね。エリュアールの「不死鳥」の一行を思い出しちゃいました。

Posted by: 守屋 | July 10, 2008 at 02:57 AM

守屋さん
wildlifeめ、エリュアールの受け売りだったのか。
「完全な夜」になる前の、ほの暗く青い空が好きです。
特に緯度の高いイギリスでは、夕刻の青い光が美しいでしょう?

Posted by: wildwife | July 10, 2008 at 06:27 PM

いい感じですねぇ〜。天ぷらの匂いもほのかに漂ってきましたか?(笑)

確かに色々なイベントは季節と密接に関連していて、そのすべては旧暦だったのですものね。全部ひと月ずらすといいのかも!

旧暦で七夕様をお祝いするとしたら、ぼうやはどんなお願いを短冊に書くのかしら?

Posted by: Lady E | July 12, 2008 at 12:10 AM

LadyEさん
イギリスでのオフ会、楽しそうでしたね!

廃油のにおいは、意外にもほとんど気になりませんでした。
ただ、吹き消す時にすすが出て、かなりくさい。
空きびんなら、ふたをかぶせて消す方法がいいみたいです。
 
確かに7月7日は梅雨の真っ最中で、天の川なんてほとんど見えませんよ。
なのにこちら、もう蝉が鳴いています。
蝉と蚊と湿気のないイギリス・・・う・うらやましいです。

Posted by: wildwife | July 12, 2008 at 12:10 PM

きれいだなあ・・・

Posted by: くりす | July 14, 2008 at 12:27 AM

くりす
うん、きれいだった。
どんな素敵な電飾も、ろうそくの光にはかなわないと思ったよ。

Posted by: wildwife | July 14, 2008 at 09:44 AM

ホント。きれいで、まるで夢のよう…

Posted by: 魔法使い | July 22, 2008 at 10:59 PM

魔法使いさん、こんばんは。
キャンドルは冬の楽しみと思っていましたが、真夏の夜のキャンドルもいいものです。

Posted by: wildwife | July 24, 2008 at 12:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39281/41758540

Listed below are links to weblogs that reference 七夕キャンドル:

« 森のブランコ | Main | ピーカンBBQ »