« やっぱり秋は… | Main | たけのこ焼けた? »

熟秋

Feijoa2






 森の葉が落ち始めて、散歩が楽しい時期なのに、あいにくの雨。我が家のあたりはうっすらと霧がかかって、冬が近づいていることを教えてくれる。こんな日は熱いコーヒーをすすりながら、カメラいじりでもしているしかない。追熟中のフェイジョアで遊んでみる。
 初夏には花が満開で、どれくらい取れるかと楽しみにしていたのに、よい具合に実ってくるとメジロが来襲。なかなかたっぷり収穫というわけにはいかない。
 一粒手にすると、ふんわりさわやかな香りが立ち上ってくる。南国風の果実なのに、すっきりした感じが好み。もう少ししたら、酸味が感じられるようになるのかな。昔作ったハスの果托にサンキライと飾り付けてみたら、ふむ、自然なクリスマスカラーがよい感じ。憧れのモランディ風とまでは言わないけれど、手にとって見たくなるでしょう。
 最近は気が早い人が多いようで、もう壁面全体にクリスマスのイルミネーションを飾り付けている家がある。まあ、好みだけれど、我が家はこれくらいの彩りで十分。
 「フェイジョア、いつ食べる?」と聞くと 坊やは「うぅん、ぼくは今忙しいから」なんて言う。最近,読書に夢中。こいつも少し熟してきたかな。

|

« やっぱり秋は… | Main | たけのこ焼けた? »

Comments

ハスの花托、以前坊やがクレヨン立てにしてらしたわね?「今忙しいから、あとで」なんて大人っぽくなられた事!!(笑)

Posted by: mamaさん | November 18, 2008 06:46 PM

mamaさん
息子がクレヨン立てにしたのは、もう一回り大きいものです。今でも使ってますよ。
こちらの小さい方は結局しっくりくるものがなくて、単なるオブジェと化していましたが、
何とか(無理やり)使い道発見。
小さいフェイジョアは、食べるのが惜しいかわいらしさです。

Posted by: wildwife | November 19, 2008 01:02 AM

またまたステキなオブジェ、自然を取り入れるそのセンスに脱帽です。
街も徐々にクリスマスムードですね。IKEAの生ツリー、という話題が出てましたが、うちは独り楽しむのにそこまでは、です。前から持ってる明かりのつくツリー出そう。

Posted by: rururu | November 24, 2008 08:45 PM

rururuさん
IKEAの生ツリーって、終わったらほぼ同じ値段で引き取ってくれるとかいう・・・
それで商売になるのか不思議ですね。「やっぱり本物の木がいいけど終わったら邪魔」
っていう消費者のわがまま心理をうまくついたということ?
いずれにしても、家にツリーがあるのはいいもんだよね。

Posted by: wildwife | November 25, 2008 10:50 PM

コメントが可なり遅くなりましたが…
色合いがいいですねぇ。
ウチのツリー担当?は娘ですが、今年は、私が学生時代に買った30cmもないフェイクなもので「いい」ということになりました。(もうひとつある、150cmくらいのも生ではありませんが。)お雛様同様、簡単に出せるものがよくなってきているようです。

Posted by: 魔法使い | December 20, 2008 04:57 PM

魔法使いさん
子どもが大きくなってくると、親も気合いが入らなくなりますね。
うちの息子はまだいろいろな「不思議」を信じているみたいで、
そのナイーブさがちょっと微笑ましいです。

Posted by: wildwife | December 24, 2008 12:10 AM

今年のクリスマスの飾り、手作り。あったらアップしてください。みてみたい!
ボク、はずいぶん大人になったみたいだけど、今年のクリスマスプレゼントは何だったのかな?

Posted by: rururu | December 26, 2008 01:08 AM

rururuさん
はい、アップする予定ではあるのですが、クリスマス過ぎちゃいましたね。
今週末には何とか・・・
息子には、オモチャのほかに百人一首が届きました。
高校時代「かるたクイーン」だった私も、今や半分近く忘れてる・・・マズイです。

ところで、本日の朝日夕刊に、魔法使いさんのお父上が写真入りで載ってますね。

Posted by: wildwife | December 26, 2008 06:26 PM

写真、まってるよ!カルタなんてなつかしいねー。こんどやろうよ!

魔法使いちゃんのお父さんの記事、私朝日とっていないのでみてないんです。
縮刷版が出たら拝見するか、魔法使いちゃんにみせてもらうか。。。
気になります!

Posted by: rururu | December 29, 2008 11:47 PM

写真が、ひどく年老いていてびっくりしたのですが、ヒトから見るとあんなものなのかもしれませんね。時々歌の発表会に出るなど、案外元気にしております

Posted by: 魔法使い | January 08, 2009 10:08 AM

rururuさん
なかなか更新できずごめんなさい。
息子の友達(2年生男子)が、小野小町をスラスラとそらんじていました。かっこいい!

魔法使いさん
「あっ、似てる!」というのが私の第一印象だったのですが・・・
子どもにとって、親はいつまでも若くて強い時のままでいて欲しいものなのですね。

Posted by: wildwife | January 10, 2009 10:39 PM

更新がないのをみると、忙しいようで・・・今度はひとつ、春の息吹をヨロシク。3月16日に日本を発つことになりました。あちらでも鎌倉の四季と、坊やの育ちっぷりを楽しみに拝見しますデス。いってきます。

Posted by: くりす | March 03, 2009 09:45 AM

くりす
ブログほったらかしでごめんなさい・・・
そうか、もう行ってしまうのね。
時がたつのは早くて、もう春だものね。
さっきうぐいすの声を聞いたような気がした(夢か?)
このブログ、続けられるのかどうかわかりませんが、
そっちでくりすがブログを始めたらまた交流しましょう!
いってらっしゃい。

Posted by: wildwife | March 10, 2009 11:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 熟秋:

« やっぱり秋は… | Main | たけのこ焼けた? »